本文へスキップ

大口町社会福祉協議会は地域福祉の充実を目標に活動しています!

Yahoo! JAPAN

▼日常生活自立支援事業Life supporting

概要

日常生活に不安を抱えている認知症高齢者、知的障がい者、精神障がい者などで、自分ひとりで契約などの判断をすることが不安な方や、お金の出し入れ・書類の管理などをするのに不安のある方に対して安心して暮らせるお手伝いをします。
平成27年4月1日より、愛知県社会福祉協議会の委託を受け、大口町社会福祉協議会が事業を実施しています。

概要はパンフレット(PDF)参照



どんな人が利用できるの?

 日常生活に不安を抱えている認知症高齢者、知的障がい者、精神障がい者などで、自分ひとりで契約などの判断をすることが不安な方や、お金の出し入れ・書類の管理をするのに不安のある方です。
※契約締結審査会の承認が必要です。

利用料はいくらかかるの?

援助内容 利用料
・福祉サービスの利用援助
・日常的金銭管理サービス
1回1,200円
生活保護受給者は無料
 書類等の預かりサービス 年間3,000円
(月額250円)


どんなお手伝いをしてくれるの?

(1)福祉サービス利用のお手伝いをします。
  ・さまざまな福祉サービスの利用に関する相談・情報提供
  ・福祉サービスの利用料の支払い手続き
  ・福祉サービスに関する苦情解決制度の利用手続き

(2)福祉サービス利用のお手伝いにあわせて、次のようなサービスも利用できます。
 @日常的なお金の出し入れをお手伝いします。
    ・年金や福祉手当の受領に必要な手続き
    ・病院への医療費の支払い手続き
    ・税金や社会保険料、電気、ガス、水道等の公共料金の支払い手続き
    ・生活費に必要な預貯金の出し入れ、また預金の解約の手続き
 A日常生活に必要な事務手続きのお手伝いをします。
    ・住宅改造や居住家屋の賃借に関する相談・情報提供
    ・住民票の届出等に関する行政手続き
    ・日常生活上の消費契約の手続き
 B大切な書類等をお預かりします。
    ・銀行の貸金庫等で通帳や印鑑、証書などの大切な書類をお預かりします。
    <保管できるもの>
    年金証書、預貯金通帳、証書(保険証書、不動産権利証書、契約書など)
    実印、銀行印等

サービス利用の流れ

※対象者本人が大口町在住の場合

相談の受付
(大口社協が相談を受付けます。)

訪問調査
(専門員が自宅に伺います。)

契約締結審査会
(契約締結能力等の審査を行います。)

契約書・支援計画作成
(本人と大口町社会福祉協議会で契約を結びます。)
専門員が本人の希望を伺いながら支援計画を提案し作成します。

サービス開始
(生活支援員が支援計画に沿って、お手伝いを行います。)



大口町在住の方のご相談は、大口社協事務局まで TEL 0587-94-0060