本文へスキップ

大口町社会福祉協議会は地域福祉の充実を目標に活動しています!

Yahoo! JAPAN

▼大口社協ボランティアセンターVOLUNTEER CENTER

社協ボランティアセンターは、日頃は主に以下の役割を担っています。ボランティア活動をしたい人も、ボランティア活動を必要としている人も、お気軽にご相談ください。

また、災害発生時には、災害ボランティアの受入・派遣等を行う大口町災害ボランティアセンターの役割を担います。

大口社協ボランティアセンター(社協事務局内)
TEL 0587-94-0060 FAX 0587-94-0059



1 ボランティアの相談・紹介

●ボランティア活動を必要としている人・団体からの相談
●ボランティア活動をしたい人・団体からの相談
●ボランティアサークルの登録・紹介

大口社協ボランティアセンター登録サークル紹介
(平成28年6月1日現在)
各サークルの活動内容、活動日、会員数等の情報を掲載しています。


2 ボランティアの派遣調整

●ボランティア活動をしたい人と、活動を必要としている人との連絡調整
●町内小中学校で実施される福祉実践教室へのボランティア派遣、連絡調整

【右写真:目の不自由な講師をサポートするため、ボランティアを町内小学校へ派遣】
●点訳フレンド
目の不自由な方のために、広報等の文書や本を点字にするボランティア。小学校の点字教室で、講師のサポートも行っています。

3 ボランティアの養成・研修

●ボランティア活動に必要な知識技術習得のための各種講座・研修会等の開催

【右写真:平成25年度 災害ボランティアコーディネーター養成講座】
災害救援ボランティアの指導による災害ボランティアセンター開設・運営訓練の様子

過去のボランティア養成講座一覧
平成15年度から平成28年度までに開催した養成講座を掲載しています。


4 ボランティアの育成援助

●ボランティアサークルの結成支援
●ボランティアサークルの運営に関する相談・支援

5 ボランティアの活動支援

●ボランティア活動育成費の助成
(必要な活動費について、1サークルにつき年間上限2万円を助成)
●ボランティアの活動場所の提供
(大口町健康文化センター2階 ボランティア室、声の広報収録のための録音室を貸出)



6 ボランティア保険加入促進

●ボランティア活動保険
●ボランティア行事用保険
●福祉ふれあい活動総合補償


ボランティア保険のページ

愛知県社会福祉協議会ボランティア保険のページ
ボランティア保険の詳細については、愛知県社会福祉協議会のホームページもあわせてご覧ください。


7 大口町ボランティア連絡協議会の支援

●ボランティア連絡協議会の運営協力
●ボランティア研修会の実施協力

【右写真:大口町ボランティア連絡協議会と大口町社会福祉協議会ボランティアセンター運営委員による合同研修会】






8 ボランティア活動の広報・啓発

●夏休みボランティア出前講座の実施
大口町ボランティア連絡協議会の協力のもと、町内児童センター等において、ボランティアサークルによる出前講座を実施し、活動の紹介や福祉教育の推進に努めています。

【右写真:平成25年度 夏休みボランティア出前講座 南児童センター】
●大口おもちゃ図書館さくら
毎月第2土曜日、第3木曜日 10:00〜15:00
大口町健康文化センター2階おもちゃ図書館で、遊びの広場、おもちゃの貸し出し(土曜日のみ)を行っています。障がいの有無を問わず、おもちゃ遊びをとおした子育て支援の活動を23年以上続けています。



●パンフレットの発行、ホームページの開設
●機関紙発行

【右写真:「おおぐち社協だより」内の「ボランティア情報局」のページ】
●編集ボランティアOZ
ボランティア情報誌を作成。大口町ボランティア連絡協議会の活動や、大口社協ボランティアセンターに登録しているサークルの活動、ボランティア養成講座等の情報を発信しています。




●ふれあいまつりにおいて「ふくしわくわくランド」を開催し、ボランティア活動の発表・広報啓発を実施

【右写真:「おもちゃ病院おおぐち」のブース】
●おもちゃ病院おおぐち
壊れたおもちゃの修理、不要なおもちゃの回収等を行うボランティア。部品交換が必要な場合は、依頼者の実費負担となりますが、修理代は無償です。


9 災害に関する取り組み

●災害時のボランティアセンターの設置、運営訓練
●防災関係行政・団体との協力促進
●大口町防災訓練への参加

【右写真:大口町防災訓練で、福祉車両の取扱い方を説明】






【右写真:ふれあいまつり2013「ふくしわくわくランド」内、災害ボランティアのブース】
●災害救援ボランティア
防災に関する訓練、被災地での復興支援活動等を行うボランティア。特に、はそりや大鍋を使った炊出しが得意で、災害時に備え、日頃から繰り返し訓練を行っています。
災害発生時には、大口社協災害ボランティアセンターの運営スタッフとして活躍が期待されます。