本文へスキップ

大口町社会福祉協議会は地域福祉の充実を目標に活動しています!

Yahoo! JAPAN

▼広報・啓発

大口町ふれあいまつり「ふくしわくわくランド」の開催

社協は毎年、ふれあいまつりのスペースの一角で、「ふくしわくわくランド」を開催。
社協ボランティアセンター登録団体の協力により、複数のブースを出展し、日頃のボランティアや地域福祉活動を発表し、福祉をPR活動する場となっています。

「ふくしわくわくランド」では、福祉体験のスタンプラリーを実施(下表の1〜6の団体が参加)。すべてのブースを体験すると、景品をプレゼント!小学生や親子連れ、お孫さん連れを中心に、たくさんの町民の方に福祉体験を行っていただいています。

その他、豚汁の調理販売、おもちゃの修理、おもちゃで遊べる広場等、各ボランティアの得意分野を活かした出展内容となっています。

また、平成24年度からは、企業の社会貢献活動に協力し、トヨタ紡織株式会社様に車いす掃除のボランティアブースを出展していただいています。
社協は、大口町共同募金委員会のブースを出展し、赤い羽根共同募金のPR活動を行っています。

【平成25年度 ふくしわくわくランド出展ボランティアサークル・企業・団体】

ボランティア・企業名 出展内容
1 高齢者疑似体験うさぎとかめ 高齢者疑似体験、装具体験、〇×クイズ
2 要約筆記スマイル大口 アニメを描こう!OHP体験
3 大口町手話サークル 手話コーラスもあるよ!手話体験
4 防災ボランティアD・サポート丹羽 防災パネル展示
5 大口絆つなぐネット アレンジ非常食試食、東北支援飲料販売
6 災害救援ボランティア はそりを使った炊出し実演
7 おもちゃ病院おおぐち おもちゃの修理・おもちゃの不用品回収
8 トヨタ紡織株式会社
就労移行支援あるく
車いす掃除隊
古本回収(障がい者施設での洗浄・再利用)
9 給食ボランティア 豚汁の調理販売
10 大口おもちゃ図書館さくら よっといでおもちゃ図書館(遊びの広場)
※1〜6のブースが福祉体験のスタンプラリー参加団体


広報「おおぐち社協だより」の発行、ホームページの開設

「大口社協だより」は、年4回(4月・7月・10月・1月)発行。
町発行の「広報おおぐち」の同月号に折込まれ、町内世帯・企業に配布されています。
また、当公式ホームページを開設し、常に「見える社協」を意識した広報活動を行っています。
広報・ホームページともに、社協事業の案内だけでなく、町民・ボランティアの皆様に参加いただいている地域福祉活動のご紹介、企業や施設・行政との連携、災害・防災関連の情報等、広く情報発信を行っています。

おおぐち社協だよりバックナンバーのページ





ボランティアによる「声の広報」、点訳広報

「音訳ボランティアたんぽぽ」の皆様の協力により、文字の見えない視覚障がい者等の方が、音声で聞くことのできる広報を作成しています。

「声の広報」は、音訳ボランティアが音訳支援ソフトを使用して、カセットテープ・CDに録音します。毎月発行の「広報おおぐち」、年4回発行の「議会だより」と「おおぐち社協だより」の発行に合わせて、それぞれ作成しています。
音声データは、希望者へお届けしたり、町ホームページ掲載用として提供したりして、情報のバリアフリー化に貢献しています。
大口町ホームページ 声の広報のページ

社協ボランティア室には録音室が整備されており、音訳ボランティアへの貸し出し、パソコンや録音機器の管理を社協が行っています。

また、視覚障がい者の方で点字文書を希望される方には、「点訳フレンド」の皆様の協力により、点訳した広報をお届けしています。点訳広報は、点訳ソフトを使用して、特殊な点字プリンターで打ち出しています。これらの機器も社協ボランティア室で管理しています。

「声の広報」・点訳広報をご希望の方は、大口社協事務局 94-0060までお問合せください。